世田谷区セタガヤクリーグ(略称リャクショウリーグ) 大会タイカイ要項ヨウコウ   赤字アカジオモ変更点ヘンコウテン  
     
   1. 期  間 2020年4月〜2020ネン12月  
   2. カイ   二子緑地運動場(B/C面) 、世田谷区立総合運動場(ソウ)、世田谷セタガヤ公園コウエン(セイ)、駒沢コマザワオリンピック公園コウエン(コマ) ホカ  
   3.大会内容 (1) リーグセン  ブロックナイ総当ソウアタセンオコナう。ただし充分ジュウブン日程ニッテイ確保カクホできない場合バアイはノックアウト方式ホウシキ変更ヘンコウされる。  
  (2) 順位ジュンイ決定ケッテイホウ・勝点方式(勝3点/分1点/負0点)。試合棄権は不戦敗(0-3。棄権キケン懲罰チョウバツ対象タイショウ)。  
         ・順位決定ケッテイ:[カチテン完了カンリョウ試合シアイスウ]-[得失点差]-[得点]-[対戦相手勝敗]-[抽選チュウセン]ジュン決定ケッテイ  
         ・大会タイカイ完了カンリョウ困難コンナン判断ハンダンされた段階ダンカイ大会タイカイ終了シュウリョウすることとする。その場合バアイその時点ジテンで順位が決定される。  
  (3) セイ   カクカテゴリナイは「」でけられる。新規シンキチームは最下部にれられる。  
  (4) チームスウ 各部のチーム数は、原則6〜9チームとなるように調整される。
       2020ネンは一般大会は4部制、四十雀は5部制、五十雀は3部制、土曜大会は1部制。(いずれも予定ヨテイ)
 
  (5) 昇格ショウカク降格コウカク 2019ネンのリーグセン消化ショウカリツ異例イレイヒクかったため昇降ショウコウカク実施ジッシしない。カテゴリの「部」のチーム数は、
       (4)チーム数の増減によって調整され、チーム序列ジョレツは2019年度の当初の序列ジョレツをそのまま踏襲トウシュウする。
 
     
   4.競技方法 (1) 競技規則 (財)日本サッカー協会の競技規則(2019-2020)に準ずる。
(2) 試合時間 一般大会/土曜大会は60分(30分ハーフ)、四十雀/五十雀は50分(25分ハーフ)。ハーフタイムは5分以内。
       飲水インスイタイムをとる場合バアイも、飲水インスイ時間ジカン試合シアイ時間ジカンナイフクめる(別途ベット余分ヨブンモウけない)。
(3) 試合成立 選手センシュチェックより常時ジョウジ9メイ以上イジョウで試合成立。不成立の原因チームは不戦敗(0-3、大会タイカイ懲罰チョウバツ規定キテイ参照サンショウ)。
(4) 試合中止 前半ゼンハン完了カンリョウは、試合中止時点の結果で試合成立とする。前半未完了の場合は再試合とする。
 
   5.競技細則 (1) 出場選手の申告シンコク選手センシュチェック
 ・試合開始カイシ30分前までに出場選手票と選手証を本部へ提出しなければならない。提出テイシュツ遅延チエン不戦フセンパイとなる。
 ・試合開始15分前に選手センシュチェック場所バショ出場シュツジョウ全選手がチェックを受けなければならない。
 ・試合シアイ可能カノウ状態ジョウタイ(ユニホーム・レガース・シューズ。装身具ソウシングルイは外しておく)で出場選手チェックをけること。
 ・遅刻チコク選手センシュ出場シュツジョウ不可フカ。ただし前半終了シュウリョウマエまでに本部で選手チェックをませた選手センシュは後半から出場できる。
  遅刻選手の選手証は、実際ジッサイオコナう選手チェック時の提出もミトめる。
 
  (2) 全カテゴリとも出場選手票に記載キサイの選手は、随時何人でも交代コウタイ。また交代で退いたノチの再出場も可能カノウ(再交代)。  
  (3) 退場、警告に関する処分は、別に定める「警告・退場の懲罰規程」を参照すること。
    主審は、審判受付後(試合開始30分前)から競技者に退場を命じることができる。命じた場合その理由を協会に報告する。
 
   6. ユニフォーム ベツカカげる「ユニフォーム規程キテイ」を参照サンショウすること。  
   7.表  彰 優勝と準優勝に賞状ショウジョウおよび賞品を授与する。  
   8.試合シアイチュウ中止チュウシ (1) 状況により試合時刻のスライド(繰上げ・下げ)もある。試合時刻の変更にも対応できるようにしておくこと。
(2) 中止チュウシ試合の延期エンキは、オモに予備日(通常土曜日)。ただしトーナメントは、オモに「次の試合予定日」にも延期される。
(3) 試合中止/続行の判断は協会が行う。個別に管理事務所などには問い合せないこと。
 
   9.連絡・告知コクチ
 (試合シアイ有無ウム)
(1) 協会からの連絡レンラクは、メール、掲示板ケイジバン、および協会キョウカイサイトを使用シヨウする。
(2) 試合の有無は、7:30までに「告知板」で告知する。定時告知がない場合は試合実施を願って来場すること。
(3) 連絡もれ防止ボウシのため、チームナイ全選手に協会サイトや告知板を随時ズイジ適宜確認するように伝えておくこと。
(4) 選手出場票と選手センシュ交代コウタイヒョウは、毎年度更新されるので、協会サイトから都度ツドダウンロードすること。
 ・協会サイト [http://setagayaku-fa.com/]、メール [info@setagayaku-fa.com]、FAX[03-6865-2073]
 ・告知板 [http://8228.teacup.com/setagayakusoccer/bbs]
 
   10. 会場カイジョウ (1) 第1試合のリョウチームが、第1試合60分前までに集合しグランド設営(ライン引き/ゴール/コーナーフラッグ)すること。
   また最終試合のリョウチームが、グランドの撤収と整理(ゴール/ネット/コーナーフラッグ収納)をすること。
(2) 未就学児はベンチ/ピッチ近辺に近づかないように監督すること。監督できない場合は連れて来ない。
    応援者に競技者やボール等との衝突を注意させ、グランド近辺に突起物(日傘やカメラ三脚等)はまない。
(3) 二子玉川以外イガイの会場では、グランドやベンチに持ち込める飲料は水のみ。スポーツドリンク等は持込禁止。
(4) 二子玉川会場では、有料駐車場(8:00〜17:00)を利用できる「入場許可証(緑色)」がカクチームに1マイ配布ハイフされる。
 ・入場許可証の裏面の注意事項ジコウ熟読ジュクドクし、それに従うこと。不正利用は除名などの処分対象となる。
 ・入場許可証は、フロントガラスしに見えるようにしておくこと。
 ・審判用の「1日入場許可証」は事前に協会に請求すること。入場ニュウジョウ許可証キョカショウ使用時に「日付」を明記すること。
 ・自動車で来場した主審や運営当番は、[駐車場料金免除券(当日のみ有効ユウコウ)] を本部ホンブから1枚受領ジュリョウすることができる。
(5) 自転車は二子玉川会場では舗装路とピッチ側は駐輪禁止(ピッチ反対側芝生内のみ。バイクは所定場所のみ駐車
(6) 指定場所を除き、ゼン会場カイジョウにおいて禁煙および禁酒キンシュ
(7) ゴミは必ず持ち帰って処分すること。会場内および周辺路上等へのゴミの投棄は厳禁。
 
   11. その (1) 当協会は、いずれの事故においても協会は一切の責任を負わない。スポーツ傷害保険等に加入しておくこと。
(2) 試合棄権、審判欠席、運営ウンエイ当番トウバン欠席ケッセキ等は懲罰規則に従って処分される。
(3) 試合棄権の告知コクチが、試合日シアイビまでに時間的ジカンテキ余裕ヨユウ場合バアイは協会サイトの日程表に表示ヒョウジされない場合バアイもある。
(4) 銀行振込時は、必ずチーム名を先頭に付加して振り込むこと。個人名ではチームを特定できず未納扱いとなる。
 
       
  確認カクニン重要ジュウヨウ (1) 2020年度ネンド新規シンキ選手センシュのみ、年齢ネンレイ確認カクニンナイシャ在住ザイジュウ/在勤ザイキン/在学ザイガク)の確認カクニンする。
(2) 選手センシュ登録トウロク審判シンパンショウ(コピー)を提示テイジした選手センシュの選手IDカードに審判シンパンショウ確認カクニンイン押印オウインされる。
  この選手センシュIDカードを審判シンパンショウとして代用ダイヨウできる。
 
     
  審判シンパン規程キテイ(抜粋バッスイ)  詳細は「審判規定」を確認すること  
    1. 審判シンパン担当タントウ (1) 各チームとも審判団(主審+副審2名の合計3名)を試合に派遣しなければならない。
 ・同一グランドでの試合数が4以上イジョウの場合
   日程表の左の第1,2,3,4,5...試合のチームは、自試合の2つ後の試合を担当する。
   日程表の右の第3,4試合のチームは、自試合の2つ前の試合を担当する。
 ・試合シアイスウが4未満ミマン場合バアイは、協会キョウカイサイトの「審判シンパン規程キテイ」を参照サンショウすること。
 ・自チーム(同一ドウイツクラブナイ)の審判担当になった場合は、担当を変更することがある。
(2) 状況により協会が担当することもある。またトーナメント準決勝以上の主審は協会が担当する。
(3) 第4の審判は、運営当番がオコナう。審判は運営当番と連携すること。
 
    2. 審判シンパン資格シカク 審判シンパンダン当協会トウキョウカイ登録選手または登録役員(チーム代表者/副代表者)でなければならない。
審判シンパンインはJFA公認サッカー審判4級以上の資格者とし、審判集合時に本部に審判証を提示すること。
 
    3.準備ジュンビ集合シュウゴウ (1) 協会サイトにある「審判手引き」を事前ジゼンに熟読しておくこと。
(2) 担当試合30分前までに、審判服を着用し、本部に全員ソロって集合し、審判資格証または審判確認印済みの選手ID
  カードを提示し、運営ノートに記名する。審判用具(時計/笛/警告カード/記録簿/筆記具/コインなど)を持参すること。
(3) 集合シュウゴウ、ローカルルールが記載された「審判手引き」で打ち合わせ、これに沿って従事すること。
(4) 担当試合に欠席または遅刻した場合は懲罰規定により処分される。
 
    4. その ・装身具の着用は禁止。ただし許可されたスポーツグラス、炎天下時のキャップ類の帽子(首ひもは不可)の着用は認める。
・レッドカードで退場させた場合は、その理由などを記したレポートを提出すること。
 
         
  ユニフォーム規定  詳細は「ユニフォーム規定」を確認すること  
    協会キョウカイ主催シュサイまたは主管シュカン公式戦コウシキセンにおいて使用シヨウするユニホームは下記カキ規定キテイシタガうものとする。  
    登録トウロク変更ヘンコウ 背番号付で、配色の異なるユニフォームを正副2セット「シャツ/パンツ/ソックス」を協会に登録しなければならない。
背番号セバンゴウは、明確メイカク判読ハンドクできるものでなければならない。
ユニフォームを変更する場合は、すみやかに協会に申告すること。
ユニフォームを作成する場合は、少なくとも1セットはオール白(アウェイ)とすることを推奨する。
 
    選択センタク (1) 試合シアイには上記ジョウキ登録トウロクされた正副セイフクのユニフォーム2セットを持参ジサンすること。
(2) 対戦相手と事前ジゼン協議キョウギアキらかにコトなる配色ハイショクとなるセットのユニフォームで対戦タイセンすることもできる。
 ただし事前ジゼン協議キョウギみでも、主審シュシン本部ホンブが両者のシャツやソックスが近似色と判断した場合バアイ変更ヘンコウしなければならない。
 そのサイ、両者とも譲れない時はコイントスで決定することとする。
 
    クロケイのシャツ シャツが、黒/紺/茶系などクロ審判シンパン標準ヒョウジュンフクチカイロの審判服の場合バアイクロケイ以外イガイで、かつ相手アイテチームのシャツとコトなる
色彩の審判シンパンフクマイ担当タントウ審判シンパンイン無償ムショウ貸与タイヨしなければならない。
貸与タイヨできない場合バアイは、本部ホンブから1マイ1000エンにてけることとする。
 
    アンダーパンツ 露出ロシュツする場合バアイは、ユニフォームのパンツのシュたるイロと同色かつ単色タンショク異色イショクセン不可フカオリガラ不問フモン)とする。
ただし肌に密着し膝下まで覆うスパッツやアンダータイツ類は黒色も認める。
 
    アンダーシャツ 露出する場合は、シャツの袖の主たる色と同色かつ単色(異色の縫目/線は不可、織柄は不問フモン)とする。
またその色彩シキサイはチームで統一されていなければならない(正規長袖シャツとの混在コンザイ)。
露出ロシュツ部分ブブンリョウチーム同色(クロ以外イガイ)と判断された場合、協議キョウギまたはコイントスで一方イッポウのチームがを変更しなければならない。
 
    ソックスナド (1) ソックスのラインスウ色彩シキサイはチームで統一すること。ブランドマークなどは不問。
(2) レガース留めなどはソックスと同色または透明トウメイとする。
(3) アンクルサポーター以外イガイのサポーターの色は不問フモン
(4) アンクルサポーターは足首を超えて露出する場合はソックスと同色とするか同色のテープでオオうこと。
 
    GKとFP (1) GK、FPともに、試合途中で選手個人の背番号は変更することはできない。
(2) 複数のGKが出場する場合、そのユニフォームは同配色でなければならない(異配色のユニフォームは使用不可)。
(3) 上記 1)2)とも、GKの負傷や退場など不測の事態においてはこの限りではない。
 
  装具ソウグトウ (1) 危険と判断されたスパイク、レガース無着用は、試合に出場できない。
(2) 装身具(指輪ユビワ、ネックレスなど)、幅広ヘアバンド、ネックウォーマーなどは試合中は外すこと。
(3) 許可されたスポーツグラス以外のメガネは試合中シアイチュウハズすこと。
 
  その アンダーウェアについて不明フメイテン協会キョウカイわせ確認カクニンしておくこと。その不明フメイ場合バアイ同様ドウヨウとする。
試合シアイ中の選手1名は、選手センシュを代表してキャプテンマークをつけること。